NEWS

参加者募集 アクア・イノベーション拠点(COI) 第5回シンポジウム in Tokyoが開催されました

アクア・イノベーション拠点(COI)は、来る2017年11月9日(木)、第5回シンポジウムを東京で開催することになりました。プロジェクトも5年目の折り返し点を迎え、実用化のフェーズに入りつつあります。 今回のシンポジウム […]

コメントなし

計算科学技術部の手島正吾、荒木拓海の共著論文が、米化学会誌「Applied Materials & Interfaces」に掲載されました

タイトル:Antiorganic Fouling and Low-Protein Adhesion on Reverse-Osmosis Membranes Made of Carbon Nanotubes and Po […]

コメントなし

計算科学技術部の手島正吾、荒木拓海の共著論文が、Nature Nanotechnology (Impact Factor:38.9)に掲載されました

論文タイトル:Effective NaCl and dye rejection of hybrid graphene oxide/graphene layered membranes 著者:Aaron Morelos-G […]

コメントなし

平成29年度 一般財団法人高度情報科学技術研究機構の研究員の募集について(平成29年8月21日に締め切りました)

2017.07.03平成29年度研究員を募集します。 募集要項はこちらです。==> ご参考に 研究開発 |—共同研究(企業) |—研究課題(大学・他) を御覧ください。

コメントなし

Nano tech 2017 【2/15(水)-2/17(金)】でブース展示いたしました

 Nano tech 2017がお台場ビックサイトで 【2/15(水)-2/17(金)】の日程で開催されます。 RIST東京の計算科学技術部がブース展示しております。 展示内容: (1)最近の研究活動の紹介 (2) 企業 […]

コメントなし

アクアイノベーション拠点(COI) 第4回シンポジウム【2/16(木)】が開催されました

RISTが参画しているアクア・イノベーション拠点(COI)の第4回シンポジウムが信州大学工学部で開催されます。  遠藤守信・COI拠点 研究リーダーの講演内容の水処理膜シミュレーションはRISTと信州大学の連携による成果 […]

コメントなし

計算科学技術部の荒木拓海の研究が、学術論文NPG Asia Materialsの共著者として掲載されました

 RISTはアクア・イノベーション拠点(COI)信州大学に参画し、遠藤守信研究リーダーのグループの一員として、革新的逆浸透膜の研究開発に取り組んでおります。  論文では、信州大学で開発された新規な膜形成手法(ドライプロセ […]

コメントなし

計算科学技術部の手島正吾の研究が、学術論文Scientific Reports に共著として掲載されました

本論文では、窒素添加と特別な温度制御することにより、より強固な炭素繊維ポリアクリロニトリル(PAN)を合成することに成功したことを報告しています。炭素間に新たなダイヤモンド原子結合が発生することが硬さの原因であることをR […]

コメントなし

第22回ビジュアリゼーションカンファレンス:汎用可視化ソフトウェアで荒木拓海が発表を行いました

第22回ビジュアリゼーションカンファレンス可視化文化フォーラム・お台場2016 ~可視化で解る科学、可視化で分かる教育~(場所:2016年11月25日(金)、会場:タイム24ビル(東京都江東区青海)、主催:一般社団法人 […]

コメントなし

計算科学技術部の荒木拓海の研究が、学術論文Applied Material & Interfacesに掲載されました

RISTはアクア・イノベーション拠点(COI)信州大学に参画し、遠藤守信研究リーダーのグループの一員として、革新的逆浸透膜の研究開発に取り組んでおります。  本論文は信州大学で開発された革新的ポリアミド/カーボンナノチュ […]

コメントなし