論文:計算科学技術部の河東田道夫、山中綾香、手島正吾の共著論文が、米国化学会(ACS)の Environmental Science & Technology 誌に掲載されました

タイトル:New Insights in the Natural Organic Matter Fouling Mechanism of Polyamide and Nanocomposite Multiwalled Carbon Nanotubes-Polyamide Membranes

著者:Rodolfo Cruz-Silva,*,†,⊥ Yoshihiro Takizawa,† Auppatham Nakaruk,† Michio Katouda,†,‡Ayaka Yamanaka,†,‡,⊥ Josue Ortiz-Medina,†,⊥ Aaron Morelos-Gomez,†,⊥ Syogo Tejima,†,‡ Michiko Obata,⊥ Kenji Takeuchi,†,⊥ Toru Noguchi,†,⊥ Takuya Hayashi,†,⊥ Mauricio Terrones,⊥,§ and Morinobu Endo*,†,⊥

†Global Aqua Innovation Center, Shinshu University, 4-17-1 Wakasato, Nagano 380-8553, Japan‡Research Organization for Information Science & Technology, 2-32-3, Kitashinagawa, Shinagawa-ku, Tokyo 140-0001, Japan

§Department of Physics, Department of Materials Science and Engineering, and Department of Chemistry. The Pennsylvania State University, University Park, Pennsylvania 16802, United States
⊥Institute of Carbon Science and Technology, Shinshu University, 4-17-1 Wakasato, Nagano 380-8553, Japan
雑誌: Environ. Sci. Technol. 2019, 53, 11, 6255-6263
DOI: hppts://doi.org/10.1021/acs.est.8b07203
発表のポイント
◇原水中に含有する天然有機物に対して耐ファウリング性を有する優れた逆浸透膜を開発。
◇その機構をコンピュータシミュレーションによって解明し、分離膜の科学と技術に貢献。
◇本研究成果は、米国化学会(ACS)の Environmental Science & Technology 誌の電子ジャーナル に掲載されました。

プレス発表 平成31年5月29日信州大学長野(工学)キャンパス内の国際科学イノベーションセンター:海水淡水化システムの低コスト化に貢献『天然有機物に対して優れた耐防汚性を有するカーボンナノチューブ/ポリアミド逆浸透膜を開発』

プレス発表の様子

プレス向け配布資料