論文:計算科学技術部の手島正吾、山中綾香の共著論文が、米国化学会の ACS OMEGA 誌に掲載されました

タイトル:Effective Antiscaling Performance of Reverse-Osmosis Membranes Made of Carbon Nanotubes and Polyamide Nanocomposites

著者:Yoshihiro Takizawa,†,⊥ Shigeki Inukai,† Takumi Araki,†,§ Rodolfo Cruz-Silva,*,†,‡ Josue Ortiz-Medina,†,‡ Aaron Morelos-Gomez,†,‡ Syogo Tejima,†,§ Ayaka Yamanaka,†,§ Michiko Obata,‡ Auppatham Nakaruk,† Kenji Takeuchi,†,‡ Takuya Hayashi,†,‡ Mauricio Terrones,‡,∥ and Morinobu Endo*,†,‡

† Global Aqua Innovation Center and ‡Institute of Carbon Science and Technology, Shinshu University, 4-17-1 Wakasato, Nagano 380-8553, Japan

§ Research Organization for Information Science & Technology, 2-32-3, Kitashinagawa, Shinagawa-ku, Tokyo 140-0001, Japan

∥ Department of Physics, Department of Materials Science and Engineering, and Department of Chemistry. The Pennsylvania StateUniversity, University Park, Pennsylvania 16802, United States

雑誌 ACS Omega, 2018, 3 (6), pp 6047–6055

DOI: 10.1021/acsomega.8b00601 Publication Date (Web): June 5, 2018

要旨: ◇実験と分子動力学法を用いた理論的アプローチにより、開発した多層カーボンナノチューブ (MWCNT)/ポリアミド(PA)複合 RO 膜において、前回(平成 29 年 9 月 20 日付プレス発表)の有機フ ァウラントのウシ血清アルブミン(BSA)に加えて、無機ファウラントの炭酸カルシウム(CaCO3) の汚れがつきにくい現象とその優れた耐スケーリング性の発現メカニズムを解明しました。 ◇その結果、MWCNT-PAナノ複合RO膜は、海水淡水化システムにおけるスケーリングに対する透水性 劣化を抑制し、これによりメンテナンス作業の大幅な低減による低コスト化、さらにスケール防 止剤の削減による低環境負荷の造水に貢献することが期待できます。

プレス発表 平成30年6月8日 午後2時〜 信州大学長野(工学)キャンパス内の国際科学イノベーションセンター: 『耐スケーリング性を具備した多層カーボンナノチューブ/ポリアミド複合逆浸透(RO)膜の機能発現メカニズムと性能』

プレス発表の様子

プレス向け配布資料